出会い系サイトには美人局という存在がいる。その手口についてはこちら(出会い系サイトの「美人局」って何?)を参照して欲しい。
 
では実際にどれくらいの美人局が出会い系の中にいるのか。
 
その答えは、「実はあまりいない」だ。
 
出会い系を利用して実際に美人局に遭遇する可能性はほとんどない。しかし、その名前のキャッチーさと、実際に遭遇した人の話が広まり、ここまで有名になっているのだ。
 
ではなぜあまり美人局がいないのかその理由を紹介していこう。
 
 

リターンがないから

 
美人局が流行らない理由の一つが、コスパが悪いことだ。
 
美人局を行うには結構な手間がかかる。まず、女性が男性と出会い系の中でメールのやり取りをする手間、そしてデートに行き、ホテルに入る。その間、恐喝する係の男性はずっと待機してなければならない。
 
しかも、恐喝したからといって必ずお金が手に入るとは限らない。恐喝は力技なので、下手をすればお金を徴収できずに終わるだろう。
 
これでは、コストとリターンが全くあっていないことがわかってもらえるだろうか。
 
だから美人局を積極的にやろうという人はあまりいない。悪質な手法でお金を儲けたいならばそれよりも確実な手段に移っていくのだ。
 
 

援交の方が儲かるから

 
出会い系サイトを利用して儲ける方法としてあげられるもう一つの方法が援交だ。
 
援交とは援助交際の略で、お金を払ってもらう代わりに身体をあげることだ。こちらの方法は犯罪ではなく、お互いの望み通りの関係を築くことができる。
 
そして、美人局で稼ぐよりは援交の方が簡単に稼げるのではないかという考えから、美人局がなくなってきているのだ。
 
というのも、援交をすれば確実にお金が手に入る。しかし美人局では不確実なのだ。そして美人局は身体の関係を結ばないと成立しないため、援助交際と同じところ前やらないといけない。そう考えると、援助交際をせずに美人局した方がいいという考え方には少し無理が出てくるのだ。
 
こういった理由で援交が減ってきていると言える。
 
 

犯罪だから

 
 
美人局は恐喝してお金を巻き上げる方法。つまり手口としては立派な犯罪なのだ。
 
犯罪を自ら進んでやり続けようという人は少ない。なぜなら捕まりたくないからだ。だから、美人局もやる人が減っている。誰も進んでリスクを冒してまで、必ず得られるわけではないお金を得ようとはしないだろう。
 
それよりはやはり先に話した通り、援交を利用した援交デリヘルをした方が確実なのだ。
 
 

まとめ

 
美人局は減ってきているが、その一方完全にいないとは言えないが現実だ。
 
やはり美人局がいる以上は、その対策と対応を覚えておく必要があるだろう。
 
以下の記事では具体的な美人局対策の方法を解説しているので、ぜひ確認して欲しい。