出会い系には美人局がまだ存在している。
 
美人局の手口についてはこちら(出会い系サイトの「美人局」って何?)を参照して欲しい。
 
美人局の対策としては、やはり会う前の出会い系内のやり取りの時点で気づくことが大切だ。なぜなら単純に早く気付けば気づくほど一番時間の節約になるからだ。
 
では実際にどのように対策するのがいいのだろうか。今回はその対策方法をいくつか紹介する。
 
 

いきなりエロを出してくる女は注意

 
出会い系サイトを利用していると、いきなりエロい雰囲気を出してくる女がいる。
 
「エッチできる人募集」とか「寂しいから一緒に寝てくれる人」とか言っている女がいたら要注意だ。そういう女は援交目的が大半であるが、もしも援交目的ではないと言っていたとしたらほぼ確実に美人局だろう。
 
普通、女性が知らない男にすぐ抱かれたいと思うわけがないのだ。うまい話には裏がある。十中八句は男性からお金を巻き上げようとする美人局だ。
 
もしも同じようなことを言ってくる女に遭遇したら手を引いた方がいい。
 
 

すぐに会わない

 
 
相手がすぐに会おうとしてこない女だったとしても、美人局の可能性はある。
 
なぜなら、女の方からすぐに会おうと言うと、美人局だと警戒されるとあっちもわかっているからだ。だから、普通の女性のふりをしてデートしようとしてくる。実に巧妙な美人局だ。
 
だから、基本的に出会い系の女とはすぐに会わない方がいい
 
まずはメールを重ねて仲良くなることが望ましい。特に有効なのが、電話をすることだ。電話で話すとメールではわからなかったような相手の生の雰囲気が伝わってくる。そこで、何か怪しい雰囲気があればすぐに手を引いた方がいいだろう。逆に無邪気に笑っていたり仲良くなれそうな雰囲気を感じたら実際にあってみるといい。
 
 

既婚者であることを言わない

 
今までの対策は相手の行動をよく観察することだったが、ここからは自分の行動についての話だ。
 
あなたがもしも既婚者であった場合、それを相手に伝えない方がいい。
 
なぜなら自分が既婚者であることを相手に伝えてしまうと、それを弱みとして握られてしまうからだ。美人局の手口はあなたの弱みを握ることで成立する。だから、できるだけ弱みである「既婚者」の情報を与えてはならない。
 
もしも既婚者であることを教えてしまうと、あっちが美人局だった場合に「奥さんにバラされたくなれけばお金を払え」と言われてしまう。住所がバレてなければまだ救いだが、少しでも奥さんにバレる危険性があると、思わずお金を渡してしまいそうになるだろう。
 
だから余計な情報はできるだけ伝えないことだ。そもそも自分が既婚者であることは相手が美人局ではなかったとしてもプラスになる情報ではない。
 
 

自分がお金持ちであることを言わない

 
美人局はお金持ちの男性によってくる傾向がある。なぜならお金を持ってる男性の方がお金を払ってくれる可能性が高いからだ。
 
その理由としては、単純にお金をたくさん持っているならば多少のお金はためらわずに払ってくれることがあるからだ。年収1億円の人と年収300万円の人を相手にした時にどちらの方がすんなり100万円を払ってくれそうか考えたら明らかだ。
 
だから美人局に狙われないようにするためにも、自分がお金持ちであることを相手に伝えない方がいい
 
伝えるとしても充分仲良くなって、相手が美人局ではないと確信を持ってからにしよう。
 
 

まとめ

 
以上が美人局に対する出会い系内での対策方法だ。
 
やはり一番の対策は事前に予防することだろう。美人局の予防はそんなに難しくない。
 
しかし、それでも気づかずに美人局と実際にデートしてしまったらどうすればいいのだろうか。その場合はデート中に美人局対策を講じることが大切だろう。
 
デート中の美人局対策についてはこちら(出会い系の美人局対策(デート当日編))で解説する。