出会い系の美人局に対しての対策方法はいくつかある。最も確実なのは最初から怪しい女とデートに行かないことだ。そのためには出会い系の時点で予防する必要がある。方法はこちら(出会い系の美人局とは会わないように事前に対策しよう)で解説している。
 
しかし、相手が美人局だと気づかずに実際にデートしてしまうこともあるだろう。そのためにも、出会い系で出会った女に対しては、どんな女であっても、常に行動を気をつけることが大切だ。
 
今回は、具体的にデートで気をつけるべきこと、美人局対策の方法を解説する。
 
 

現金を持ちすぎない

 
美人局はお金を持ったいる人のところに集まってくる。だから、自分がお金持ちであることは伝えない方がいい。これについてはこちら(出会い系の美人局とは会わないように事前に対策しよう)で解説している。
 
同様に、お金をたくさん持って行ってしまうと、それが美人局にバレてしまいお金をたかられる可能性が高くなってしまう。
 
また、たくさんお金を持って行ってしまうと、もしも男に怒号された時に持ち金をたくさん渡してしまう心配もある。だから現金は基本的にたくさん持って行かない方がいいのだ。
 
 

個人情報を教えない

 
美人局の可能性がある女性に対しては個人情報を与えない方がいい。
 
なぜなら、もしもあなたが弱みを握られてしまった際に、住所や会社が特定されてしまっては勝ち目がないからだ。「お前の会社にバラされたくなかったら金出せ」と言われてしまっては思わず払ってしまいたくなるだろう。だから、最初から個人情報を相手に渡してはならない。と行っても、あっちが巧妙な手段で聞き出してくることもあるので、できるだけ常に緊張感を持って接した方がいいだろう。
 
 

既婚者と18歳未満には手を出さない

 
美人局はあなたの弱みを握ることでかなり優勢になってくる。だから、できるだけ弱みを握らせてはならない。
 
特に、一番注意すべきが、相手が既婚者や18歳未満だとわかっていて性行為をしてしまうことだ。もしこのようなことをしてしまうと、自分の罪悪感から、相手の要求に対して承認してしまいそうになるだろう。特に18歳未満の女性に手を出してしまうと、犯罪になるので、逮捕されるかお金を払うかという二択が迫られる。
 
そうならないためにも事前に相手が既婚者か未成年かははっきりとさせておこう。特に18歳未満かどうかに関しては法に触れるか触れないかの重要な部分なので、必ず相手の身分証明書の提示を求めることだ。
 
これにより、相手がもしも未成年で場合に確実に防ぐことができる。
 
 

証拠は残しておく

 
 
女が自分のことを未婚者だと行っていたり、18歳以上だと言っていたりしても、あとで男に攻められた時にしらばっくれる可能性がある。
 
そのために、できるだけ証拠を残しておいた方がいい。
 
例えば、メールではっきりと独身だと言っていたらそれをスクショしたり、飲みの席で発言していたら音声録音もしておけば確実だ。
 
 

まとめ

 
いかがだっただろうか。以上が美人局対策としてデート中にできることだ。
 
美人局は一般女性に扮して近づいてくることが多い。だから、普段からこのように対策を打っておくことが何よりも重要だろう。